悩みや問題の9割は『顕在意識と潜在意識の不一致』が原因

そこに気が付かない、または目を向けずに頑張る事が、あなたを最も疲弊させます

少し前、元NHKアナウンサーの住吉さんが、TV番組でこんなエピソードを披露されていました。

電車内で座っていて、少し位ならいいかと足を組んでいると、とある駅で乗り込んできて前に立った女性にガンッと足を蹴られたそうです。

女性:電車で、足組まないですよね?

住吉:いやでも普通蹴らないですよね?

女性:でも、足組まないですよね?

こうした一触即発のやり合いになったそうです。

これ、まさしく「不一致」です

実際電車がどの程度込んでいたかまでは分かりませんが、ちょっとなら良いだろうと足を組んだ住吉さんの行動(価値観)を、前に立っていた女性は許せなかったんですね。

対して、だからと言って蹴ってきた女性の行動(価値観)に対して、住吉さんは「???」となって言い争いになった訳です。

結局このエピソードトークの中では、どのような話し合いが行われたかまでは披露されていませんでしたが、大事には至らなかったようです。(よかった・・・)

実は、他人間のトラブルの「9割」はこうした『不一致』が原因で起こります。

そして何よりも重要なのが、このような『不一致』による争いは、私達も自分1人の中で無意識的に繰り広げているという事なんです。

この「1人内での争い」が悩みや問題となって表に現われてきているんですよ。

なぜ、同じ様な悩みや問題が解消できず繰り返してしまうのか?

以下の図を見て下さい。

この三角形は私たちの言動を司る意識を表したものです。αとβの2つの意識が、私たちの心全体を指します。

例えば、通常、私達はα=顕在意識の部分で「愛されよう、愛されたい」と考えて、その通りの言動を取ろうとします。

しかし、β=潜在意識の中に「自分は愛されない」とか「人は結局離れていく」といった価値観が入っていると、αの考えに沿った言動をしようとしても、

  • いざとなるとできない。
  • 白々しく感じてしまう。
  • 逆の言動を取ってしまう。
  • 相手の反応を素直に受け入れられない。

など、2つの意識が一貫した言動が取れません。(そして、往々にして自分では潜在意識の中に潜んでいる価値観の存在に気づいていません)

頑張っても(頑張るほどに)、または良かれと思って行なった事で、より状況が悪くなってしまうのは、こういう理由なんですね。

こうした心の状態が、なかなか解消しない悩みや、何故か繰り返す問題の本当の原因なんです。

だから、世に出回っている各種ノウハウを実践しても効果が出ない

解消の為には、顕在意識の部分だけでの話だったり、潜在意識を扱っているものでも、潜在意識単独の扱いに留まっているノウハウを幾ら実践してもダメ。

悩みを生んでいる心の状態を「一致した、あなた本来の正しい状態」に戻してあげる事なんです。(逆に言えば一致させてあげるだけで上手くいくって事ですね)

関連ページ

セッションのお申し込みやお問い合わせはこちら

・他のセッションを受けたが変化がなかった方。

・自己流でノウハウを試したが、上手くいかなかった、逆効果になった方。

・小手先の改善ではなく、根本レベルでの変化が欲しい方。

・回り道せず最短で状況を変えていきたい方。