恋愛の悩みを生み出す3つのコアメンタルブロックを外す

【ご注意】このページでご紹介する内容には個人差があり、恋愛に悩んでいる方が必ずこれに該当しているという訳ではありません。

ただし、何やっても好転しない場合や、すぐに元に戻ってしまう場合は以下のいずれか(又は複数)に該当していると考えるべきですし、その場合、恐らく自分自身でもうっすらと思い当たる節があったりすると思います。

恋愛のコアブロックの大まかなカテゴリ

コアブロックができる原因

コアブロックがあると起きる事

恋愛のコアブロックの大まかなカテゴリ

この3つのコアブロックは、恋愛そのものに対してだけでなく、自分自身や異性に対して、更には性交渉に対してかかってくる場合も珍しくありません。(実際のコアブロックの具体的な内容は個人毎の事案により変わるので、ここでは大まかな区分けだけで説明を行います)

不安

主に自身の経験不足やコンプレックスからくる不安によって、将来に対する行動に過剰なブレーキがかかり、柔軟な言動が出来なくなります。

恐怖

過去のネガティブな経験、恋愛のケースで言えば失恋や異性自体に対する恐怖(異性恐怖症、恋愛恐怖症)、セックスに対する恐怖によって、新たな行動にブレーキがかかる状態が起きます。

嫌悪・侮蔑

これも主に過去の経験によって異性やセックスに対する嫌悪や侮蔑の価値観が潜在意識の中に刻まれ、それらが行動にブレーキをかけたりします。

コアブロックができる原因

コアブロックが出来る原因はこのページ「メンタルブロックについて」でご紹介している内容とほとんど一緒ではありますが、特に恋愛のブロックの場合、小さい頃に経験する異性そのものに対する価値観と、成長にともなって経験するネガティブな体験の2つです。

例えば、小さい頃接している親兄弟の言動から異性に対する侮蔑感や恐怖感が出たり、年齢が上がってからでも強烈な失恋体験などでできてしまいます。

特に失恋は自己の否定につながる強い経験ですので、人によっては事故や事件のトラウマと同じ位の強烈なブロックが出来たりもします。

コアブロックがあると起きる事

コアブロックに触れてしまう様な状況が起きると、行動にブレーキがかかるだけでなく、状況をぶち壊してしまう様な破滅的な言動をとってしまったりもします。

普段、恋人が欲しいと思っている人の中にコアブロックがある場合、いざ恋人が出来そうな状況で、ふいにその人に(又は恋愛に)全く興味がなくなったり、急に酷い言動やそっけない態度を取ってしまったりと、望む状況を作る為の言動とは真逆の言動で状況をぶち壊してしまうんですね。

どういう反応が出るかは、その人の中にどんなコアブロックがあるかによって違いますが、望む状況とは反対の方向に進んでしまう事は事実です。

コアとなるメンタルブロックが細かなメンタルブロックを生み出す

コアブロックそのものがマイナスに作用するだけでなく、そのブロックが種になり、細かなブロックが出来てきます。(むしろ、そっちの方が割合としては多い)

例えば、不安を中心として、細かな悩み

  • 見捨てられ不安
  • 一定以上、深い仲になれない
  • 嫌われているのかと思ってしまう

等々、自分が普段自覚する悩みを生み出すブロックが作られていってしまうのです。

当オフィスのセッションでは(個人的に異なる具体的なブロックを)全てクリアにしていきます。

 

こういう状況やお悩みに

 

目標達成を制限している心のブロックを見つけ、無効化する

セラピストに事情を打ち明けたり、セッションを受けること無く

  • 意識の一致を邪魔しているメンタルブロックを見つけていきたい方。
  • 顕在意識と潜在意識を一致させ、ブロックを無効化していきたい方。
  • 確実な変化を起こし、更に定着させていきたい方。
  • これ以上回り道せず、確実に状況を変えたい(悩み解消&願望実現したい)方。

特に、

  • 他のセラピーやコーチング等を受けても、状況が変わらなかった方。
  • あと一歩の所で上手くいかなくなる、望まない事ばかり実現してきた方。
  • 成功法則や自己啓発を試しても続かない、効果がない方。

こうした「自分では変えられない、上手くいかないと思っている状況や悩み」を根本レベルから解消し、現実を変えていきたい方の為の【セルフワークメソッド】があります。

セルフワークメソッドの詳細はこちらから