引き寄せを必要としている人ほど、引き寄せの「効果がない」「逆効果になる」法則

引き寄せの法則を必要とする人に共通かつ決定的に足りない「とある要因」

これまでパーソナルセッションをやってきて実感しているのは、

引き寄せが必要な人ほど(つまり、一生懸命本を読んだりセミナーに行っている人ほど)、引き寄せの理論やワークの効果がない、逆効果になる、という事。

これは、『引き寄せの効果を阻害している要因』をそうした人達が共通して持っているからです。

(そもそも効果の出ないやり方が一般に出回っている点も見逃せませんが、それは一旦置いておきます)

仮にその人達が効果の出る方法に巡り合ったとしても、その『要因』を取り除けない限り、どんなに一生懸命取り組んでも効果は出ないでしょう。

例えば、

  • 目標を紙に書くとか、
  • 感情を味わい尽くすとか、
  • ポジティブな感情で満たす。
  • ポジティブな言葉しか使わない。

などと言ったノウハウ(ハッキリ言えばウソ情報※)を幾ら実践しても、効果がない人には全く効果がありません。

逆に効果が出る人は、その方法を行わなくても(ノウハウ的な教えを守らなくても)効果がでます。

ここに「効果を阻害する要因」の存在が絡んでくるんです。

つまり、この「要因」を取り除けるかどうかが変化できるかどうかの最初のポイントなのです。

 

こういう状況やお悩みに

 

目標達成を制限している心のブロックを見つけ、無効化する

セラピストに事情を打ち明けたり、セッションを受けること無く

  • 意識の一致を邪魔しているメンタルブロックを見つけていきたい方。
  • 顕在意識と潜在意識を一致させ、ブロックを無効化していきたい方。
  • 確実な変化を起こし、更に定着させていきたい方。
  • これ以上回り道せず、確実に状況を変えたい(悩み解消&願望実現したい)方。

特に、

  • 他のセラピーやコーチング等を受けても、状況が変わらなかった方。
  • あと一歩の所で上手くいかなくなる、望まない事ばかり実現してきた方。
  • 成功法則や自己啓発を試しても続かない、効果がない方。

こうした「自分では変えられない、上手くいかないと思っている状況や悩み」を根本レベルから解消し、現実を変えていきたい方の為の【セルフワークメソッド】があります。

セルフワークメソッドの詳細はこちらから